クリーニングを行なう

公共施設や会社などの他にも現在は家庭でハウスクリーニングをする機会も多くなりました。忙しくてなかなか家の中を掃除できないときにはハウスクリーニング業者に依頼することで綺麗にすることができます。

もっと知ろう

臭いへの対策

ハウスクリーニングに消毒を依頼することによって、自分では行なえない部屋の隅々まで消毒が行なえます。特に孤独死してしまった故人の室内を片付ける場合、臭いも強いため、こうした消毒が必要となるのです。

もっと知ろう

特殊清掃業とは

一般の人が清掃できない場所を清掃する職業に特殊清掃業があります。例えばビルの窓ガラスから遺体のエンバーミングなどまで幅広く存在します。基本的に環境も特殊なためチームで行うということが多いです。

もっと知ろう

条件に合った業者

ネットで見てみると、たくさんの清掃業者が存在していますが、近場で頼むことが出来て、費用が想定内で、サービス内容が充実していて…といろいろな条件で絞っていくと、「ここだ!」という業者を一つ発見できます。

もっと知ろう

遺体の汚れを除去

特殊清掃に必要な費用の動向について

特殊清掃は、一般の清掃業務ではなく血液などの体液で汚れた部屋や、遺体があった部屋を清掃するものです。体液や腐敗した遺体などは独特の臭いを発するため一般の清掃では臭いまでは除去できず、特殊清掃によって専門的に消臭作業を含めた清掃を行う必要があります。 一般にはあまり馴染みはありませんが、自殺や孤独死といった状況で長らく使われてきましたが、近年は少子高齢化や核家族化が進み孤独死が増えるなど、その仕事は増える傾向にあります。 特殊清掃に必要とされる金額は、部屋の広さやその汚れの度合いに比例しますが、一般に床の清掃では3万円から、浴室では5万円から、消臭剤や殺菌剤の散布は1万円から、オゾン処理による消臭・除菌は3万円からとなっており、また作業人員の人件費として2万円が必要とされます。セット料金も用意されている場合がありますが、おおむね最低でも8万円前後は必要です。

特殊清掃の登場とその歴史について

特殊清掃という言葉は昔からありましたが、一般に知られるようになったのは2000年代に入ってからになります。それ以前は家族が一緒に住んでいる場合が多く、孤独死と呼ばれる言葉もない時代であり、そもそも特殊清掃が必要なぐらいにまで遺体の腐敗が進む前に発見されるのが一般的であり、特殊清掃が必要とされる場面としては自殺や事件性のある現場といったものに限られていました。 また当時は特殊清掃もハウスクリーニング業者などが兼業する形で行われており専業化していませんでした。しかし、少子高齢化や核家族化の影響により一人暮らしの老後生活者が多くなり、その結果2000年代に入ると需要が増大して専業化が進むことになります。

利用された多くの方が満足いく実績を掲げています。特殊清掃が必要なときはこちらが引き受けてくれますよ。